« ガールズバンドのニッキ ペイント後 | トップページ | 餃子 »

2009.06.11

かえるケロケロ

水が張られて、田植えが終わった田んぼは、清々しく、
光を反射してとても美しいです。

夜ともなると、かえるの大合唱です。
ケロケロ、ゲッゲッ、ケケケッ、グゥエー、
まあ~、様々な鳴き方があるものです。

0906101

かえるといえば、思い出すのが 『ふたりはともだち』 です。
アーノルド・ローベル作 三木卓 訳 (文化出版局)

0906102  0906103

しっかり者の『かえるくん』、のんびり屋の『がまくん』。
仲よしの二人?を主人公にしたユーモラスな物語が5編収録されています。
その中の『おてがみ』は、子ども達の国語の教科書にありました。
絵も味があって良いです。

0906104

0906105

やさしい森のおはなし 『郵便屋さんのさがしもの』 リーメント
プチブライス 『タディーポー』

|

« ガールズバンドのニッキ ペイント後 | トップページ | 餃子 »

コメント

sugiさん、こんばんは~!

 ああ~! プチブライスちゃん可愛いいですね~! sugiさん、写真がお上手だからよけい可愛いく見えます~。

 私は結果がすぐに見えないと嫌なタイプかも(笑)。
 ドレス作りも、夕食のあとから作り始めると、ややこしいものでなければ、だいたい夜中までには終わるんです。だから続いているのかも。
 フィギュア教室の球体関節人形は、先生の指導がないと作るのが難しく、家でやるというわけにはいかないため、1体作るのに1年半ぐらいかかるんだそうです。それを聞いて習うのを断念する人も結構いるそう。
 私がやっているヘッドは超へっぽこですが、造形だけなら(塗装は別)慣れてくれば2、3日で出来上がります。

投稿: Takako | 2009.06.11 23:32

◆Takakoさん、こんばんは~。

『タディーポー』、かえるの着ぐるみがなんとも愛らしいですよね。
ピンクの長靴もあったのですが、履かせるのを忘れました。
写真は、結構適当なんですよ。
昼休みにササッと撮ることが多くて、時間にすると15分くらいかな…。

最近は、ちっとも洋服を作っていません。
ドレス本は、たくさんあるのですけどね~。^_^;

かわいらしいお人形に、手作りの洋服やきものを着せて、
髪をセットして、背景を準備して写真を撮る。
そんなことばかりして遊んでいたいです。
現実逃避?

投稿: sugi | 2009.06.12 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44409/45310638

この記事へのトラックバック一覧です: かえるケロケロ:

« ガールズバンドのニッキ ペイント後 | トップページ | 餃子 »