« モンブラン | トップページ | カフェテラスショップ »

2005.10.16

秋の栗尽くし

0510161

 実りの季節です。
 栗色、紅葉色、銀杏色…
 あったかくておいしそうな彩りが
 お皿の上にも並びました。
 深まる秋を味わい尽くしましょう。
        「小さな和菓子絵本」より抜粋

リーメント 『和*スウィーツ』 秋の栗尽くし
リーメント 『和雑貨』 秋 おうちでゆっくり
リーメント 『産地直送 もぎたてパック』 中国河北省産 栗
QBG 『アンティークテディベア コレクション2』 テディガール

|

« モンブラン | トップページ | カフェテラスショップ »

コメント

sugiさん、こんにちは~♪
フェリシモ、見てきました!
やっぱり、結構なお値段ですね・・(汗)
ベランダだけなら買えそうですが、ベランダだけあっても意味ないし・・(苦笑)
ちょっと、考えますね。
ありがとうございました♪

sugiさんの、和室の黒電話、いいですね!
あれは、何でゲットしたのですか?
私の部屋の黒電話、以前教えてもらったマイネッタ粘土の余りで作ったのですが、
粘土はとっても難しくて・・・・(苦笑)
人様には見せられないですが、
仕方なく置いてます(汗)

投稿: モ・ママ | 2005.10.17 11:12

こんばんは~!
『アンティークテディベア コレクション2』と
いろいろな食玩の組み合わせが楽しいですね~!
秋の味覚とクマはよく合うのですねっ!

sugiさんが前に
『アンティークテディベア コレクション2』を
紹介された時に欲しいなぁ~と思っていました。
最近、全9種をやっとオークションで
手に入れたところなので、びっくりしましたぁ~!!
今は第一弾を手に入れるべく探しています~♪
かなり前に発売されたものなのですよね・・・

投稿: まき | 2005.10.18 00:11

モ・ママさん
黒電話はタカラの浴玩 『昭和おもひで温泉』“ご記帳願います”です。

昭和の中頃、
仕事に疲れ会社を辞め、ひとり旅で宝乃湯温泉郷を訪れた栄吉、
長い恋愛に終止符を打った温子もまたひとり旅、
そんな二人が混浴露天風呂で出会いました。
温泉で知り合った二人が温泉宿と同じ名の「宝乃湯」という
銭湯がある街で同棲を始めるという設定で、
『昭和おもひで銭湯』さらに『昭和おもひで家族』
とストーリーは続いていくのです。

物語のリーフレットの『宝乃湯温泉郷案内図』
この絵がなかなか哀愁漂って好きなんです。

まきさん、こんばんは。
そうですね。
『アンティークテディベア コレクション』のクマさんと食玩って
意外と似合いますよねえ。
頭、腕、脚が動くので表情をつけやすいし…
そうそう、第1弾の件でメールをさせていただきました。
よろしくお願いしま~す。

投稿: sugi | 2005.10.19 00:55

sugiさん、こんばんは~
いつも楽しませてもらってます♪
秋らしくて、和める情景ですね。
和雑貨は手を出すまいと思っていたのですが、ショップで実物を見て、これだけはゲットしました!
クマちゃんの手足が動くのは、感動しちゃいました。
引出しの取っ手はさすがにくっついてましたけどね。
大満足の一品でした。

投稿: Hiro | 2005.10.24 19:57

Hiroさん、いらっしゃい。
>秋らしくて、和める情景ですね。
どうも私は、食いしん坊で食べ物が多くて恥ずかしいです。
和雑貨、入手されたのですね。
引出しの取っ手といえば、
「あ~!」この画像のタンス逆さまでした。
取っ手の向きが違う。
気が付きませんでした。トホ…。

投稿: sugi | 2005.10.25 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44409/6426748

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の栗尽くし:

« モンブラン | トップページ | カフェテラスショップ »